このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年新卒入社

井村 桃香

西村屋ダイニング
学生時代、西村屋ダイニングにてアルバイトとして調理スタッフ補助の経験を持つ。
現在は「鍋場」というポジションを担当。
新しい仕事に挑戦させてもらえる環境にやりがいを感じています。
西村屋ダイニング/井村 桃香

「一緒に働こう」というお誘いに魅かれて入社

私が西村屋フーズコムを知ったきっかけは、調理の専門学校で開催された企業説明会です。
説明会では、どういった料理を作られているのか、入社後にどういった仕事を任せてもらえるのかといったお話が多く、働くイメージが掴みやすかったことを覚えています。
そして、その際にお話をされていたのが現在お世話になっている穐原料理長だったんです。
しばらくしたのちに就職活動が始まり、進路に悩んでいたころ、先生が穐原料理長のお知り合いということで西村屋ダイニングを紹介してくださいました。
実際にお食事に伺った際、穐原料理長が私に「説明会の時に名前を聞けていなかったけど、ぜひうちで一緒に働かないか」とお話をしてくださったんです。
説明会で会っただけの私を覚えていてくださったこと、直接お誘いの言葉をいただけたことが嬉しくて、すぐに入社を決意しました。
一つのポジションを任せていただいています

一つのポジションを任せていただいています

現在、私は「鍋場」と呼ばれるポジションのすべてを担当しています。
具体的な業務としては、ご飯を炊いたり、お漬物を盛りつけたり、当店でご提供するデザートを仕込んだり、食材を仕入れたり...新人のころからこれだけのお仕事をお任せいただける環境ってなかなかありませんよね(笑)。
責任を感じますが、貴重な経験だと考えて日々業務に取り組んでいます。
仕事に取り組む上で心掛けているのは、衛生面についてです。
たとえば、お料理に髪の毛やビニールなどが混入していないかどうか、デザートに使用する果物は傷んでいないかどうかなどです。
このように、お客様に安心してお食事を楽しんでもらえるように日々意識しています。

頑張りが結果として表れることがやりがいです

当店での話にはなりますが、穐原料理長の方針により、本人の熱意次第でどんどん新しい仕事に挑戦させていただけるんです。
「日本料理は経験を積まないと新しい仕事に挑戦できない」という話をよく聞いていましたが、当店ではそんなこともないため、この仕組みはとても素晴らしいと感じています。
現在の鍋場のように、自身の頑張りを評価していただける環境がありますので、「もっと新しい仕事を勉強したい!」とモチベーションを高く保って働くことができています。
また、当店はオープンキッチンですので、お帰りになるお客様から直接「美味しかったよ!」というお言葉を頂戴できることも嬉しいですね。

ほかのポジションの補佐に回れるようになりたいです

当店はキャパシティが多いため、少しキッチンの人手が不足しているように感じています。
特定のポジションに負担が集中しないように、私自身がスキルアップを果たすことで、ほかのポジションをサポートできるようになりたいと考えています。
そのために意識していることは、日々段取りを組んでから業務に取り組むことです。
コースのご予約があれば、先に仕込みを済ませておくといったように、時間に余裕を持って業務に取り組めるようにしています。
ゆくゆくは、どのポジションでも問題なく担当できるようになることが目標です。

成長意欲を持っている方にはピッタリですよ!

私が働いて感じる西村屋フーズコムの魅力は、さまざまなことにチャレンジできる、チャレンジさせてもらえる環境があることです。
店舗で新しいポジションを担当したり、当社が展開する別店舗に異動の希望を出したりすることも出来るんです。
かに料理、肉料理、郷土料理や懐石料理などなど、店舗ごとに学べる日本料理が異なるため、自分の興味がある料理について学ぶことができます。
「日本料理についてスキル・知識を身に付けたい!」という方にはピッタリの環境だと考えています。
個人的には、学びたいことやアイデアといった自身の意見をしっかりと発信することができる人と一緒に働きたいですね。
ぜひ、切磋琢磨しながら日本料理のプロフェッショナルになりましょう!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE