このエントリーをはてなブックマークに追加
1991年新卒入社

大谷 和生

千人代官事業部
新卒入社後、30年近く西村屋フーズコムに在籍している大ベテラン。
積み重ねた経験やノウハウを活かし、現在は千人代官本店の店長として活躍しています。
千人代官事業部/大谷 和生

恩師の紹介がきっかけで入社

高校を卒業したあと、私は地元城崎を離れて神戸で働きたいと考えていました。
そんなとき、高校の恩師が紹介してくださった企業が西村屋フーズコムです。
西村屋は地元でも有名ですし、何よりも神戸で働けることに魅力を感じ、選考に進みました。

選考は、「将来の抱負について」というテーマの作文、そして面接でした。
正直、面接はとても緊張したことを今でも覚えています(笑)。
ですが、当時の部長がざっくばらんにお話をしてくださったため、とてもリラックスして臨むことができましたね。
面接から数日後、無事に内定をいただくことができ、迷わず入社を決意しました。
常にお客様のニーズを先読みしてサービスを提供しています

常にお客様のニーズを先読みしてサービスを提供しています

現在は千人代官本店の店長として売り上げ管理はもちろん、メンバーのシフト管理や顧客管理などを行っています。
仕事に取り組むうえで心がけているのは、お食事を提供する立場ですから、見た目の清潔感がまず一つ。
そして「お客様は今何を求めているのか?」と常に気を配り、最適なサービスを提供することです。
たとえば、暑い日には冷たいお飲み物をお出ししたり、寒い日には温かいお飲み物をお出ししたり…
こうした細かな心配りができて初めてお客様に「もう一度来たい」と思っていただける店舗になると考えています。

自分の取り組みが結果につながることがやりがいです

仕事のやりがいは「自分のお得意様をいかにして増やしていくか?」常に考え行動し、結果になったときです。
たとえば、初めてお食事に来られたお客様の場合。私は必ず自分から名刺を持ってお席へご挨拶に伺います。
そしてお客様のお名前やお食事の内容など、些細な情報も忘れずメモを取ります。
なぜなら次にお客様が来られたときに、お名前でご案内したり、前回お食事に来られたときのお話をしたりするためです。
些細な取り組みですが、お客様はとても喜んでくださるんです。
中にはお食事に誘ってくださったり、誕生日をお祝いしてくださったりしたお客様もいらっしゃいましたね。
これら印象深い経験も、サービスを通じてお客様との関係を深めることができるこの仕事ならではの魅力であると考えています。

自身のレベルアップを図りたいですね

この業界の面白いところは、知識・スキルを身につけることができれば、年齢や経験に関係なくキャリアアップを目指せるところです。
たとえば、調理スタッフ。
美味しい料理を提供できる調理スキルが身についたら独立する…というキャリアを積むことも可能です。
私自身、当社が展開するあらかたの店舗で勤務し、幅広く経験を積ませていただきましたが、まだまだ満足していません。
将来的にはあらゆる飲食店で通用するサービスの知識・スキルを身につけたいと考えています。
もちろん、自分だけではなく店舗全体のレベルの底上げにも取り組んでいきたいですね。

目標があるほど自身の成長を果たせる環境です

皆さんにお伝えしたいことは、「目標を持って働いていただきたい」ということに尽きます。
先程もお話したように、飲食業は知識やスキルを身につければ自身の目標に向かって確実に進める仕事です。
もちろん、そのためには努力は欠かせません。
しかし、目標に向かって一生懸命に向き合える方であれば、私が必ず成長をサポートします。
「何に対しても一生懸命に取り組む人には必ず良いところがある!」
というのが私の持論ですからね(笑)。
皆さんとお会いできる日を楽しみにお待ちしています!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE